a_lr_es_ch_aのブログ

なんの得にもならないブログです

独断と偏見で美大生をカテゴライズしてみた

昼夜逆転で大学をサボるという典型的大学生みたいなことを3年後期の今更に入ってはじめてやらかし気が晴れないのでブログでも書こうかなと思います。

そもそも美大生は一般大学生とは結構違います。

と描くと選民思想や特別意識を持ってる勘違い人間のようなのですが、事実純粋に結構違います。

まず一番はそれぞれがなんらかの目的意識を持って進学してきているということ。

一般大学に進学する人の動機は結構様々であり、○○になりたかった!○○の勉強がしたかった!などの熱い気持ちを持った人もいれば、周りが進学するからなんとなく… だとか、高卒じゃ不安だから適当なところに…とか、気がついていれば大学に…みたいな人も結構いると思うのですね。実際なんとなく進学したみたいな方々も何も考えがないようで実は必死に考えた上でのことは理解しています。

が、美術大学は基本違います。

数ある大学の中でわざわざ美術の道に来る人間はやっぱりそれなりに揺るがない決意のようなものがあるんですね。

(大学や科にもよりますが)普通の勉強では入れない実技試験にわざわざチャレンジしたり、周りに反対されることも多い中でそれを押し切って進学してきたり…

まず普通に生きてきたらわざわざ絵を描いたり何かを作って生きていこうだなんて思うでしょうか。思わないはずです。

この道に来る人はそれぞれが何か理由を持ちやっぱりアートやデザインをやりたくて来ているのです。

それから、やっぱりちょっと変人が多いということ。

絵を描く人間というのは基本ちょっと変わっているところがあります。そもそも変わったところがないと大人になるまで絵を描き続けません。忙しくなったり、友達に恋にやり甲斐のある仕事に…他に楽しみを見つけたりしてだんだん描かなくなっていくことでしょう。

また絵を描く人間というのは(例外もたくさんいますが)もともと気質として少しコミュニケーションや一般社会に馴染むことが苦手な人が多く、その代替行為として何かを表現する能力が発達しているという側面もあります。

かついい歳になってなおアートに関わって生きていこうとするのはかなり浮世離れした思想です。

そういう人間はだいたい思春期に学校のクラスなどで浮いたことがある経験を持つという現実があり、そういった自分を正当化するために自分はいい意味で普通とは違うんだと思いそういう思想に走ったりします。

美大生はだいたい変わっていると言われると表面上ではどうであり心の奥底では喜びます。そういうものです。

なのでもともと気質が根本的にちょっと変わっている人、変わっている自分になろうとしている人などで埋め尽くされ結果的に変人が多い空間が作り出されています。

こういった理由で変わった人が多い美術大学なのですが、なぜか似通った人種というのが結構いるものなのですね。世界のどこかには自分と似たような人間が必ずいるものです…。

もちろん唯一無二でこんなの絶対世界のどこにもおらんやろみたいな人が多いことは多いのですが、今日は話のタネとしてカテゴライズできてしまう人をカテゴライズして紹介しようかと思います。

私の独断と偏見による完全私主観なので嘘だ!こんなのいない!ズレてる!と思っても怒らないで下さい、お願いします…。

①なんかちょっと普通と違う腐女子

基本的にオタクの多い大学なので腐女子の割合が非常に高いのですが、この腐女子がなんか普通とちょっと違います。独特なオーラを放っているというか。身につけているアイテムというアイテムがなんかちょっと普通の腐女子とは違っています。

そもそも絵を描く腐女子は絵を描くことに意識の大半を費やしているので身なりに構わない人が多いのですが、身なりに構わないといってもアクシーズやハニーズなどのベクトルの「ダサい子」は逆にあまり見ません。

無頓着とはいえアート学生特有のこだわりとか美意識はやはり皆あるようでデザフェス(そういうアクセサリーなどのコミケのようなイベントがあります)で買った謎のイヤリングに謎のラバストをつけて謎の靴を履いていたりします。

悪っぽく書いてしまいましたがただこの手の女の子は非常に無害です。ファイン系はもっと世捨人みたいな人が多いのでだいたいデザイン科です。

チラッと落書きしているイラストを見せてもらうとたまにガチでうまい人がいてビビる。

②前衛的すぎるファッションの女子

やっぱり美大のオシャレは普通のオシャレとはだいぶ違います。それが一周回ったものなのかこじらせたものなのかはわかりませんがとにかく普通のカワイイとは全く違います。

大学に進学するぐらい真面目なので意外と話してみると堅実で普通の女の子が多いのも確かです。

普通のカワイイは敬遠される、それがこの世界なのです…。フィルムカメラ大好き。装苑

③ぱっと見普通なのに描く絵がヤバい子

これが結構多いパターンです。というか②番のようにいかにもアートです!みたいなタイプは意外と作品がいいかと言われるとそうでもないことが非常に多いです。意識が外に向いているからでしょうか。

本当に吸引力のある作品を作る人はだいたいこれです。ファイン系にはこういう子が絶対一定数いるような気がします。

④普通の道からわざわざ落ちてきた再受験組

一定数いる。わざわざやり直してるだけあって目的意識はそのへんの美術科上がりより全然上なことが多いです。デッサン経験がない分そこにコンプレックスを持っている人が多いような気がします。ここまで一般社会に馴染めてきただけあって変じゃない普通の服を着ている。

③オシャレとは違う謎の金髪と毛先原色

特筆すべきなのがこれだと思います。金髪は金髪でもなんだか普通のオシャレとはだいぶ違います。ツヤがなかったりだいぶプリンだったりしてわざとなのか無頓着なのか謎です。とにかく異様にツヤがありません。金髪というとだいたい原宿系かV系かギャルのどれかだと思いますが不思議なことにこの金髪のファッションはそのどれにも属しません。

それから異常な確率で存在するのが毛先だけ原色で顔は薄化粧の女の子です。なぜか全頭染めないで毛先だけ原色にする人間が割合としてはかなり多くいます。毛先がピンクだった時代の大森靖子さんをイメージしてもらえるとわかりやすいかと思います。

⑤ミスiDにいますみたいなやつ

被写体!高円寺!古着!インド!煙草!メンヘラ!水○しず!池○はくる!インターネット!自意識!Twitter

腕にリスカ痕があることも珍しくない。

実際話すとちょっと気の弱いごく普通の女の子、みたいな感じであることが多いような気がします。

とまあ色々書きましたがみんなそれぞれが真面目でやりたいことを持ちちょっと変わった人が多くカーストがないこの空間は生きやすくて私は結構好きです。

まるで美大生の代表かのように書いてしまいましたがあくまで私個人の目線だということをお許しください。

ここまで読んで頂きありがとうございました。

おわり